SynchRoidポータル

SynchRoidソフトウェア構成

SynchRoidソフトウェアは、基本ソフトウェアおよび拡張ソフトウェアによって構成されます。
以下の表は、ベーシックパックのお客さまのソフトウェア構成です。
分類 ソフトウェア
名称
概要 機能 提供画面 稼働環境
(本番運用時)
基本ソフトウェア Design Studio ロボット統合開発ツール ・ロボットの作成/デバッグ
・ロボット利用変数の定義
Javaアプリケーション クライアントサイド
RoboServer ロボット実行サーバ ・スケジューラー/Kappletから起動したロボットの実行
・Java/C#/REST APIから起動したロボットの実行
なし
(コンソール)
サーバサイド
RoboServer Settings RoboServer設定ツール ・ローカル環境のRoboServerの設定変更 Javaアプリケーション サーバサイド
Management
Console
ロボット統合運用管理ツール ・ロボットのスケジュール実行/単発実行
・ロボットの稼働ログ/データ管理
・各種設定(プロジェクト・ユーザ・ライセンス管理等)
Webブラウザ 操作はクライアントサイド、稼働はサーバサイド
Development
Database
ロボット開発データベース ロボット開発用として付属された簡易的なデータベース
※短期で小規模のトライアル利用や、PoCでの利用を想定しております。
なし
(コンソール)
※使用しない
拡張ソフトウェア Desktop Automation

Desktop Automation用エージェント リモート端末へ接続し、デスクトップ上のアプリケーションを操作するエージェントプログラム。 なし
(設定画面のみ)
クライアントサイド
(自動化対象端末のみ)

※Desktop Automationは10.7及び11.xの表記となります。
 10.4以前はDevice Automationとなります。


基本ソフトウェア

基本ソフトウェアとして、開発環境と実行環境がパッケージ化されたインストーラを提供します。
インストーラは以下のソフトウェアによって構成されます。

■ Management Console(MC):SynchRoidロボット統合管理環境
 ロボットシステムの統合管理コンソールであり、ロボットの運用はこのMCで行います。
 主な機能は以下の通りです。
 ・ロボット実行スケジューラ機能
 ・ロボットファイル管理(リポジトリ)
 ・ロボット用利用パスワード情報管理
 ・ロボット実行ログ、監査ログ情報管理
 ・Design Studio認証ライセンスサーバ機能
 ・外部プログラムとのAPI提供機能

■ RoboServer(RS): SynchRoidロボット実行サーバ
 ロボットの実行エンジンを搭載した実行環境です。 Design Studio(DS)で作成したロボットを実行します。
 RSはMCからの命令やREST、SOAP、Java、NET APIからの呼び出しをトリガーとしてロボットを実行するサーバエンジンであり、1台のRS上で複数のロボットを同時並行実行することができます。

■ RoboServer Settings:RoboServer設定ツール
 データベースやログの設定、プロキシサーバやMCアクセス時の ユーザID/パスワードの設定、ライセンス情報やクライアント証明書の登録等を設定することができます。

■ Design Studio(DS):SynchRoidロボット統合開発環境
 ロボットの統合開発環境であり、ロボットの開発(フローの作成、利用変数の定義)・デバッグ、及び完成したロボットのMCへの登録を実行することができます。
 DSの機能の1つとして、Robotic Desktop Automation(RDA)のような機能のDevice Automation/Desktop Automation(DA)が存在します。

■ Development Database:ロボット開発用データベース
 ロボット開発用の簡易的なデータベースです。
 短期で小規模のトライアル利用や、PoCでの利用を想定しております。
 ※本番に向けた検証環境や本番環境の構築には、Tomcat 上に Management Console を構築し、
  MySQLなどのEnterprise 級のデータベースを使用することを推奨しています。

 (以下はご契約者様向けの内容となります)
 詳細につきましては、以下の記事も合わせてご確認ください(閲覧にはログインが必要です)。
 製品同梱の Derby Database (Development Database) を使用する場合の注意事項
 また、Tomcat構築についての詳細は、以下に記載がありますので参照してください。
 メニュー→マニュアル→セットアップ→【(ご利用中のバージョン)版】スタートアップ(ベーシックパックの方はこちら)→「Tomcat構築手順書」


拡張ソフトウェア

拡張ソフトウェアとして、以下のソフトウェアのインストーラを提供します。

■ Device Automation Service/Desktop Automation Service(DAS) 
 RS/DSからの命令に従ってリモート端末(仮想クライアント/PC)へ接続してデスクトップ上のアプリケーションを操作する機能であり、エージェントとして常駐します。
 特定端末を複数のロボットユーザで共有することが可能ですが、その際にはユーザごとに接続ポート番号など設定情報を個別に設定する必要があります。
 (同一端末に複数ロボットユーザでアクセスする場合には、Windows Server OSを利用する必要があります。)

※Desktop Automationは10.7及び11.xの表記となります。
 10.4以前はDevice Automationとなります。

SynchRoidソフトウェア構成

SynchRoidソフトウェアは、基本ソフトウェアおよび拡張ソフトウェアによって構成されます。

基本ソフトウェア
基本ソフトウェアとして、開発環境と実行環境がパッケージ化されたインストーラを提供します。
インストーラは以下のソフトウェアによって構成されます。

Management Console(MC)
– SynchRoidロボット統合管理環境
ロボットシステムの統合管理コンソールであり、ロボットの運用はこのMCで行います。
主な機能は以下の通りです。
・ロボット実行スケジューラ機能
・ロボットファイル管理(リポジトリ)
・ロボット用利用パスワード情報管理
・ロボット実行ログ、監査ログ情報管理
・Design Studio認証ライセンスサーバ機能
・外部プログラムとのAPI提供機能

RoboServer(RS)
– SynchRoidロボット実行サーバ
ロボットの実行エンジンを搭載した実行環境です。 Design Studio(DS)で作成したロボットを実行します。
RSはMCからの命令やREST、SOAP、Java、NET APIからの呼び出しをトリガーとしてロボットを実行するサーバエンジンであり、1台のRS上で複数のロボットを同時並行実行することができます。

RoboServer Settings
– RoboServer設定ツール
データベースやログの設定、プロキシサーバやMCアクセス時の ユーザID/パスワードの設定、ライセンス情報やクライアント証明書の登録等を設定することができます。

Design Studio(DS)
– SynchRoidロボット統合開発環境
ロボットの統合開発環境であり、ロボットの開発(フローの作成、利用変数の定義)・デバッグ、及び完成したロボットのMCへの登録を実行することができます。
DSの機能の1つとして、Robotic Desktop Automation(RDA)のような機能のDevice Automation/Desktop Automation(DA)が存在します。

Development Database
(ロボット開発用データベース)
ロボット開発用の簡易的なデータベースです。
短期で小規模のトライアル利用や、PoCでの利用を想定しております。
※本番に向けた検証環境や本番環境の構築には、Tomcat 上に Management Console を構築し、MySQLなどのEnterprise 級のデータベースを使用することを推奨しています。

(以下はご契約者様向けの内容となります)
詳細につきましては、以下の記事も合わせてご確認ください(閲覧にはログインが必要です)。
製品同梱の Derby Database (Development Database) を使用する場合の注意事項
また、Tomcat構築についての詳細は、以下に記載がありますので参照してください。
メニュー→マニュアル→セットアップ→【(ご利用中のバージョン)版】スタートアップ(ベーシックパックの方はこちら)→「Tomcat構築手順書」

拡張ソフトウェア
拡張ソフトウェアとして、以下のソフトウェアのインストーラを提供します。

Device Automation Service/Desktop Automation Service(DAS)
RS/DSからの命令に従ってリモート端末(仮想クライアント/PC)へ接続してデスクトップ上のアプリケーションを操作する機能であり、エージェントとして常駐します。
特定端末を複数のロボットユーザで共有することが可能ですが、その際にはユーザごとに接続ポート番号など設定情報を個別に設定する必要があります。
(同一端末に複数ロボットユーザでアクセスする場合には、Windows Server OSを利用する必要があります。)

※Desktop Automationは10.7及び11.xの表記となります。10.4以前はDevice Automationとなります。

  ページの先頭へ戻る
  ページの先頭へ戻る